トラネキサム酸シミ薄くなる

トラネキサム酸で肝斑(シミ)が薄くなります。

トラネキサム酸は、一般用医薬品としては初めて肝斑に効果があると厚生労働省に認められた成分なのです。

 

もともとは止血剤や抗炎症作用に使用されていたもので、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。

 

皮膚の炎症や肌荒れを起こす働きのあるプラスミンを抑えて、のどの炎症や口内炎に効果がることで有名ですね。

 

そもそも肝斑とは何かというと、ほほ骨の両側に左右対称にモヤッとできるシミの一種のことなのです。

 

原因は女性ホルモンのバランスにあると言われていて、更年期の人や妊娠中の人、そしてピルを服用している人に表れやすいのです。

 

年齢としては30代から40代の人に多く表れます。

 

女性ホルモンのバランスが原因ということは、紫外線だけ気をつけていればいいと言うわけにもいきません。

 

シミはシミなので、出来てしまうと女性としてはとてもショックですよね。

 

そこでお勧めなのがトラネキサム酸なのです。

 

メラノサイトでメラニンがたくさん作られ、それがシミになっていくのですが、その時に大きく関係しているのが女性ホルモンなのです。

 

トラネキサム酸はシミのでき始めの段階で、メラニン色素を発生させる原因になるプラスミンを抑えるから肝斑には効果があると言うわけです。

 

トラネキサム酸は医薬品として使用されていたので、実績のある成分として定評があるのです。

 

出来てしまったシミを薄くする効果のあるビタミンC誘導体やお肌のターンオーバーを促進する成分などと一緒に使用すると、それぞれの相乗効果でより確実に肝斑に効いてきますよ。

 

(兵庫県 ねこねこさん)

 

トラネキサム酸の販売サイト